日本は諸外国と比べると留学を志す人が少ない傾向があり、それには海外に対する関心の低さや変化を望まない国民性が関係しているといわれています。

英語をはじめとした外国語全般を苦手とする日本人が多いのと、留学生が少ない現状には関連があります。
日本では様々な言語を扱う教室が開かれるようになりましたが、語学教室の利用者の多くは日本語で行われる授業を希望しています。
授業で使用される言語のバランスが整っていない教室では、「困った時は日本語で聞けばいい」という甘えが生まれてしまいます。


そのため実用レベルまでたどり着くことができず、ほとんどの人が趣味や遊びの段階で終わってしまうのです。



外国語を学ぶ自分の姿に陶酔し、満足しているだけの日本人は非常に多いです。

留学情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

同じようにお金を払うなら、単なる自己満足で終わらないために留学を選択してみてはどうでしょうか。
今までと180度違う環境に最初は戸惑うことが多いですが、その国で日常的に使われる言語や独自の文化を肌で感じることができます。

教科書では得られない貴重な体験は、語学スキルだけでなく人生観にも大きな影響を与えます。かつて鎖国していた日本を変えた偉人たちは、その多くが異国の風に触れ、海外を体験しています。

smanyについての情報はこちらです。

現地での生活が不安だと感じる人は、前もって旅行するなどして現地に慣れておくといいでしょう。

それでも不安だという人は、半月から一カ月ほどの短期留学から開始し、徐々に滞在期間を増やしていくといでしょう。